おいも株オーナー制度って?

畑から食卓へ。大自然からの贈り物。 私たちの原点は畑。 自らの手で最高のさつまいも作りをめざし、日々改良を続けて きました。おいもの最高の香り、甘み、味わいをつくるために、 日々、さつまいもに適した土、植え方、育て方、貯蔵の時間や 湿度を探求し続けています。 大切なさつまいもを育てる農業の匠を、私たちは ファームマスターと呼んでいます。 「土から育てる楽しさ」 「人とのふれあい」 「大切に育てたおいもの収穫」 「他では味わえないさつまいもの味」を ファームマスターと一緒に感じてみませんか?

白ハトグループの国産さつまいもは、自家専属畑100%。 おいも株オーナー制度は、この直営・協働契約農園の。 おいもの株を所有してただく制度です。 オーナー様に代わり、ベテランのファームマスターが。 愛情たっぷり心をこめて育てたおいもを収穫・熟成した後、お届けいたします。

さつまいもってどんな食べ物?

さつまいもは、ヒルガオ科サツマイモ属の植物で、養分を蓄えて肥大した根の部分を食用にします。 さつまいもには、食物繊維の他、ヤラピン、ビタミンCやミネラルといった栄養素がバランス良く含まれています。 ヤラピンが含まれる食材はさつまいもだけ。便通を良くする成分として知られています。葉や茎にも含まれるので、お茶にすることもあります。

ビタミンCについては、りんごの5倍以上も含まれています。 しかも、さつまいものビタミンCは、熱に強いため、加熱調理しても壊れにくいのです。 さつまいもは、お肌、精神疲労、便秘予防、生活習慣病などに効果があると言われ、健康に良い食べ物なのです。

さつまいもは、鹿児島県、茨城県、千葉県、宮崎県、徳島県で主に生産されており、お米と同様、国内自給率100%の食物です。 たくましく、育てやすい野菜で、同じ広さの畑なら、お米の3倍、4倍の収穫量があります。そのため、江戸時代の飢饉や戦争中・戦後の食料難をさつまいもを食べて乗り切ったというお話は誰もが聞いたことあるのではないでしょうか。 いざという時に、私たちの生活を支え続けてくれた、身近で親しみがあり、とてもありがたい食物なのです。 さつまいもが持つ自然な甘みと優しい味わいは、心がほっこりする、笑顔になる、そんな不思議な食べ物です。

おいも株オーナー制度では、さつまいもの苗をご自分の手で植えていただき、収穫していただく体験ができます。

おいも株苗植会

おいも株収穫祭

※イチゴ狩りやおいもジャム作りなどのイベントの内容は変更になる場合がございます。

苗植会や収穫祭などのイベントには、ぜひご家族、お友達とお越しくださいませ。 「らぽっぽ」や「十三里屋」などの店舗スタッフやオフィススタッフも一緒に苗植え、芋掘りに参加させていただきます! おいも株オーナー制度を通じて大自然の中、みんなで「食」「農業」を体験し、楽しんでいただければと思います。

お届けまでの流れ

ページのトップヘ