7月2日半夏生には、たこを食べよう!

半夏生(はんげしょう)とは、夏至から数えて11日目、今年は7月2日にあたります。

【名前の由来】
半夏生は雑節の1つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生える頃。一説に、ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになる頃とも言われています。

【風習】
農家にとっては大事な節目の日であり、関西地方ではこの日までに農作業を終え、
稲が地にしっかりと根付くようにと願掛けをして、たこを食べる様になったと言われています。

【栄養】
たこには、アミノ酸の一種であるタウリンが含まれており、蒸し暑さが強まり疲労が増してくるこの季節に、たこがよく食されていました。

是非、7月2日の半夏生にはくくるのたこ焼を食べて、豊作祈願・疲労回復しましょう!!


【LINE】今月の「匠のたこ焼」50円引きクーポン配信中です!
友だち追加

戻る